おいしくて楽しい駐在生活

アラサー子持ち主婦の香港駐妻生活。おいしいもの大好き、楽しく毎日過ごしたい。シンプルに暮らすために日々奮闘中です。

ベジタリアンのお友達をパーティーに招待した話

先日、娘の5歳のお誕生日パーティーをやりました。

お誕生日が近い友達3人の合同パーティーだったので、かなりというか思っていた以上に盛大なパーティーとなりました..

 

人生初の(?)ベジタリアンのお友達を呼ぶ

 

娘のお友達の、インド人家族はベジタリアンで、肉・タマゴは食べられないと聞いていたのですが、

ベジタリアンとそうじゃない人、一緒に食事をするので、メニュー選びが難しい...

(パーティーはほぼ手作りの料理を持ち寄りました)

 

当たり前ですが、食物アレルギーとは違うから、命の危険があるわけではないんだけど、宗教上のことなので、逆にというか、軽くみてはいけない、そういうのって失礼だよなと思ったり。

とにかくものすごいプレッシャーを勝手に感じていました。

 

結局ベジタリアン用に用意したのは、

マルゲリータピザ(オーダー)

クリームソースパスタ

野菜オーブン焼き

海苔巻き(キュウリ、人参など)

 

かつおだしとか、動物性のスープも使えないので、辛いところ。

市販のお菓子も子供用に用意したのですが、クッキーは卵が入ってたりして、選ぶのも一苦労。

 

私の中では、インド人の子供=オレオ大好き っていうのが成り立つくらい、娘のクラスメイトや、街で見かけるインド人の子供は、みんなオレオを食べているんですけど、オレオには卵が使われていないんですよね。

だからオヤツといえばオレオなのかなーと、今回思いました^_^

もちろんお菓子にはオレオ買いましたよ。

 

どこまでどうなんだろう?

 

インドネシア人のイスラム教の友達は、結構ユルイんですよね。豚肉メインのランチセットとか普通に頼んでたし、お酒も飲んでました。(人によるので、もっときちんとしている人もいますよー)

 

この友達とは付き合いも長いし、ママ友っていうわけでもないので、フランクに色々聞けるのですが、今回のインド人ファミリーとは、付き合いが浅い上に、じっくり(?)話すような時間もなかったので、「ベジタリアン」と言っても、厳格に守っているのか、ゆるいのかわからなかったんですよね。

 

結局、パーティーで見ていて思ったのは、結構厳格に守っているベジタリアンだな。ってことでした( ˙-˙ )

 

無宗教(一応仏教?)の私からすると、こんなにも食べ物が溢れているなか、ベジタリアンを通すって大変じゃないかな、というか私のインドネシア人の友達のように、なんとなくユルくなっていっちゃう気がするのですが、そこをゆるめることなく、生活できるのは、信仰心の深さと比例しているんだろうな、と思ったりしました。

そうまでさせる宗教って一体なんなんだろう????

興味深い。

 

まとめ

 

今回、バースデーケーキはタマゴを使ったショートケーキを用意していたので、ベジタリアンの子供達用に何か用意できれば良かった。

一応カップのヨーグルトを用意していたけれど、ケーキには敵わないというか..

大人は我慢できるけれど、やっぱり子供は食べたい気持ちが強いので、かわいそうなことしちゃったな..と、心残りです。

 

それと同時に、盛大なバースデーパーティーは今回が最後にしようかな(´-`).。oOという気持ちが強くなりましたw

それか、ランチタイムは外して、ケーキだけ用意するパーティーにすればいいかな。

 

パーティーにベジタリアンの人を呼ぶ時には、もっともっとコミュニケーションを取っておくべきだったと思いました!

あれこれきちんと聞いておかないとね。

 

 f:id:maruhk:20170923150321j:image