読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしくて楽しい駐在生活

アラサー子持ち主婦の香港駐妻生活。おいしいもの大好き、楽しく毎日過ごしたい。シンプルに暮らすために日々奮闘中です。

香港で生活するのに何語が必要なのか?

私は夫の香港駐在が決まるまで、香港に来たことがありませんでした。
香港って何語なの?中国語?って感じでした。

そこから住み始めて実際生活する上で必要だなという言葉を考えてみます。

 

駐妻子供あり、主に日本人の友達と過ごしている場合(私です)


基本的に日本語でOK

 

いやいやでもさーって思うかもしれませんが、本当に大丈夫だと思います。
だってスーパーに行っても会話することってほぼないし、会うのは日本人の
友達です。
レストランでは人数を言ったりオーダーの時に英語。this one pleaseなど。
タクシーは九龍側は広東語(漢字で行き先を書いて見せれば大丈夫)
香港島側は英語が大体通じます!
病院も日本語通訳がいるところがたくさんあるので無問題。

 

せっかく香港に住んでいるのに、これじゃあつまらないっていう人は、


現地の人と会話したいならやっぱり広東語

 

『広東語をカタコトでも話すと喜ばれる。』って聞いたことあるかもしれ
ないですが、本当にそうだと思います。
私は恥ずかしながら英語も広東語も中国語も教室に通って勉強しましたが、
どれも習得できず。
広東語はレストランで使う言葉とかに限りちょっとわかる程度です。
あとはあなた何ジン?とか子供何才?とか聞かれるのでそれは覚えました。

 

香港人は話好きな人が多いと思うので、もっと広東語がわかれば楽しいのに!
って何度も悔しい思いをしています。でも中途半端なままですが。

 

現地の人というよりは将来的に役に立つものを勉強したい!という人は…

 

広東語よりも普通話(中国語)を勉強してもいいのかも

 

私が香港に来た2009年ごろはなんとなく英語の方が主流のような気がしていました。
中国語を話すと冷たい態度とられるとかいう話も聞いていましたし、そういう雰囲気は
感じていました。
でも中国人がお金を落とすようになってから、態度も変わったりして(ブランド店などですが)
普通話を話す人も増えたように思います。

以前は中国語勉強しても、使う場所がないって感じもありましたが、今は実践として
使えるようになってるかな?

 

そして英語ですが、やっぱり話せたら便利ですよね。
義務教育でも勉強してきていますしね…ベースがあるから手っ取り早いかなとも思います。

場所にもよりますが、断然!香港島の方が通じます。
私は最初の2年間香港島サイドに住み、その後、九龍サイドに移ったのですが、
全然違うことに驚きました。

 

結局一番万能なのは、英語

 

自分の思ったことを英語で最低限言えるようになれば、何かどうしても困ったこと
があったとき、誰かしら訳してくれる人がいるはず。
何回もそういう場面に遭遇したことがあります。
英語が話せる香港人はそこらじゅうにいますので。

 

まとめ

英語を勉強しつつ、香港自体に興味があれば広東語。もしくは中国語やっても
いいのではないでしょうか?
日本語しか話せなくても生活はできるのでご安心を。
あとは自分の向上心次第です。


ランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村


スポンサーリンク