おいしくて楽しい駐在生活

アラサー子持ち主婦の香港駐妻生活。おいしいもの大好き、楽しく毎日過ごしたい。シンプルに暮らすために日々奮闘中です。

マダニの恐怖

北海道でマダニのウィルスによって亡くなった方がいたそうで、ニュースで見ました。

 

マダニ自体見たこともないのですが、虫嫌いというか恐怖症といってもいいくらいな私なので、このニュースだけで恐れおののいています…

 

怖いから知りたくないのだけど、知っておいた方がいいような。

ネットでマダニ情報を検索すると、いきなり写真が出てきたりするので、

驚くとともにスクロールが難しいです。

 

広告

 

 

調べたことをまとめると

 

草むら、山、沢などによくいる。

 

人や動物にくっついて、吸血する。

 

一度ついたら、がっちり顎(?)が食い込んで、1週間くらい吸う(゚д゚)!

 

むやみに取ると、頭部分が皮膚に残って良くない(゚д゚)!

 

死に至るようなウィルスを持っているのは全てのマダニではなくて、まれ。

でも、実際どこにそのウィルスを持っているマダニが生息しているかは不明。

 

マダニに刺されないためには?

 

まぁマダニがいそうなところに近づかないのが一番ですが、

そうもいかないですよね。

子供って草むらが好きですし…香港もわずかながら公園の横に草むらがあったりします。

「香港 マダニ」で検索したら、在住の方で、山歩きをした際に犬にマダニがついた

というブログがありました!

そうでした。香港はハイキングコースもたくさんあるのです。

眠らない街のイメージが強いけれど、海も山も近くて自然も楽しめるのです。

 

話がそれましたが、マダニに刺されないためには、なるべく肌の露出を避ける。

外から帰ったら、すぐに着替えて体についていないかチェックする方がよい。

 

肌の露出…山に行くとか、そういう特定のことをする時なら長袖長ズボンも

可能ですけど、普段の生活でこの暑い夏に、毎日毎日着てられないですよね。

困った。

 

広告

 

 

もし刺されてしまったら?

 

マダニかも?と思ったら、皮膚科へGOです。

自分で取らずに皮膚科へ行った方がよいと書いている方もいましたが、

実際、自分の身に起きたらと思うと、次の日までそのまま放置するなんて

恐ろしくてできなさそう。

 

無理矢理取るのではなくて、くるっとゆっくり旋回させて取ればいい。

と書いている方がいました。

それからキンチョールなどの殺虫剤を綿棒に染み込ませ、マダニを殺す。

ワセリンを噛みついているところに塗って、窒息させる。

いずれにしても、マダニ自身が噛みつくのをやめさせることが大切なようです。

 

もし、刺されたとしても昼間、皮膚科に駆け込めるときに気づきたいです(T_T)

 

自分も嫌だけど、子供にくっついていたらどうしよう。

感染症も気になるけど、パニックだな…

 

 

案外、田舎では普通のことなの?

 

田舎って、どこって感じですけどごく身近に自然があるところって意味です。

知恵袋などを見ていると、これってマダニですか?とか、お風呂に入ったら

浮いてたとか、いくつも質問が上がってました。

意外とマダニ自体に刺されている人はたくさんいて、感染症にかかる人はたまに

いるという感じでしょうか?

 

まとめ

ニュースを知って、恐ろしくて怖かったのですが、マダニという存在を知ることができて良かったです。

ただ決定的な予防法は見つからず…

でも刺されてしまってから、そこから調べ始めるよりは良かったかも。

 

なにかの虫に刺されたかも、赤くなってる!ってことよくありますけど、経過を観察して、きちんと病院に行った方がいいんですね。

 

そして、今マダニで頭がいっぱいになっている私ですが、マダニを引き寄せないよう

あまり考えないようにしたいと思います。無理だけど。

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

 広告