読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしくて楽しい駐在生活

アラサー子持ち主婦の香港駐妻生活。おいしいもの大好き、楽しく毎日過ごしたい。シンプルに暮らすために日々奮闘中です。

インター小学校の申し込み始まる

ついに始まりました。

夏休みが終わったら申し込みしなきゃなぁ、それまでにどんな学校があるのか

調べなくちゃなぁ...と思っていたら、9月も後半!

結局たいして調べないまま、私のせまーいネットワークでゲットしたインターナショナルスクール情報をもとに、申し込みをすることになりました。

 

まぁどこも受からなかったら場合でも、日本人小学校は行けるし、

実際、日本人小学校のいい面(プールの授業がずっとあるとか、

日本語習得とか、親も勝手がわかるとかね)も、捨てがたいのです。。

かなり。

 

広告

 

 

試しに受けてみる!

 

私の娘は、幼稚園での英語の授業も楽しんでいるようだし、日本人小学校よりも

インターの方が一年早く小学校が始まるので、とりあえず受験してみることにしました。

どこかに受かれば、そこに1年間通ってみて合ってるのか様子をみようかなと思います。宿題や学校での授業でわからないところを、私たち親が見てあげられるのか、

家でどの程度私が日本語を教えてあげられるのか...

ものすごい英語が強くなってしまったら変えなくちゃいけないかなとも思います。

 

日本語だけで生きてきた私にとっては初めてのことなので、わからない!

まぁモノは試しということで。

 

 

幼稚園 K2(年中)の次が1年生!?

 

早くないですか?

あっという間にピカピカの一年生になってしまうんだわーきっと。

でも学校によっては一年生の前にReceptionという準備クラス(?)みたいなのを

設けているところもあって、K2の次が必ずしも一年生っていうことでもないようです。

 

例えば、英語の理解力とかがまだ足りない時には、K3(幼稚園年長さん)に

行かせて、それから次の年に小学校を受けることもできるんですね。

だから香港ではみんなが同じ年っていうわけでもなく、1歳差とかは普通に

あるということですよね。

なんだか不思議ですけど、その子にあった進み具合で小学校に進めるのは

いいことだなとも思います。

 

親の英語力…

 

どこを受験するのかは書くのを控えますが(ぜーんぶ終わったら書くかもしれません)

早速申し込みの準備をしています。

大体どこの学校も提出書類は似ているので、まとめて用意できそうです。

 

それにしても英語...つらいです。

こういうのって、日本語でもよくわからなかったりしませんか?

それが英語って...それに申し込みを終えたら、面接が待っています。

いやー娘の面接もそうですけど、親もありますよねぇきっと。

どうなっちゃうんだろう。

 

子供が生まれた時に、私の英語力の問題で娘の将来を狭めてはいけない!

って強く思ったはずなのに、なにも上達していない。むしろ後退しているのです。

あぁなんてバカなんだろう私は。

 

今通っている幼稚園は、本当にラッキーなことに子供しか面接がなかったんです。

事前にもらった紙に、教育方針とかそういうのを書いて提出はしたのですが、

家で調べられるし、人にも聞いたりできたのでなんとかクリアできました。

でも、小学校の面接となると、もっと色々聞かれるのかなぁ。

不安しかないなぁ。

まぁなんとか夫に頑張ってもらって、私もちゃんと答えられるように

特訓だな。

 

というわけで、書類作成します。。

私の息抜き終わり!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

 

www.foodiemommy.net

www.foodiemommy.net