読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしくて楽しい駐在生活

アラサー子持ち主婦の香港駐妻生活。おいしいもの大好き、楽しく毎日過ごしたい。シンプルに暮らすために日々奮闘中です。

香港の子供は1人で行動しない。

誘拐未遂の話を書いたのですが、年末だからというわけでもなく、以前から忘れた頃にどこどこで誘拐未遂があったとか聞くことがありました。

怖いは怖いんですが、香港の子供達って、日本の子供よりも、断然大人に守られているのです。

 

広告

 

 

10歳以下の子供は1人になっちゃダメ!

 

法律で決められています。

香港に住む人は必ずIDカードを持つのですが、10歳以下の子供は、まだ持っていません。

10歳までは、1人で外を歩くのも家にいるのもダメなのです。もし、1人でいるところを警察に見つかったりしたら、親や保護者にあたる人が罰せられるそうです。

こっそり留守番させていて、運悪く火事になってしまったりした場合も、親は罰せられるのです。

 

幼稚園はもちろん、小学校の帰り道も保護者が送り迎えをします。(通学がバスの場合でも、バス停に送り迎えする)

 

夫婦共働きはどうするの!?

 

香港は共働きが多いと思います。

じゃあどうしてるの?って話なんですけど、アマさんと呼ばれる住み込みのお手伝いさんを雇います。

主にフィリピンやインドネシアから来た人です。

 

彼女達がいなかったら、生活が成り立たないですよね。

もちろん、おじいちゃんおばあちゃんが、孫の面倒を引き受けている場合もあります。

 

日本はというと..

 

「はじめてのおつかい」という番組では、3、4歳で近所のスーパーとかに行かせたりしますよね。

あれはテレビだし、危なくないように大人がついていますが、6歳でも7歳でも心配です..

香港での生活に慣れちゃったからなのか、日本の小学生が、子供だけで公園にいるのも心配になっちゃいます。

日本は安全っていうけれど、そんなことないと思うんです。

自分の子供の頃を思い出しても、なんかよくわからないおじさんとかいたんですよね。若い男の人に100円あげるからおいでって言われて、逃げたら追いかけられたこともあります。

 

香港はお金目的だけど、日本は変質者的な人が多い。電車の中にも結構いませんか?

 

もし日本に帰ったら..

 

小学生の登下校は1人もしくは、友達とですよね。朝は通学班だとしても、帰りは1人になってしまうこともある。

かといって私だけお迎えに行ったら、娘から鬱陶しがられるのは目に見えています(°_°)

もう心配すぎて日本に帰りたくありません(-_-)

過保護?いやいや、何かあってからじゃ遅いです!

 

あの時逃げ切れずに若い男の人にどこかに連れて行かれてたらどうなっていたかと思うと、ゾッとするし、確か9歳くらいだったんですが、娘が1人でそんな人に遭遇して欲しくないのです...

普通に考えて、9歳の子供が、大人に捕まえられたら逃げられないですよー。

 

広告

 

 

日本でも同じようにしたほうがいい。

 

香港みたいに法律で決めればいいのに、1人で行動したらダメって。

でもちょっと無理がありますよね。

専業主婦なら可能かもしれないけど、小学校に上がったら預かってくれるところもほとんどないですしね。

そこでアマさん制度です!

 

海外からのお手伝いさんにビザを出して、もっと積極的に呼び込んだらいいんじゃないでしょうか。

言葉や文化の違う人と一緒に暮らすのは、難しいことだらけですけど、子供(と親)の英語教育にもなるし、違いを受け入れることって大切だと思います。

 

もしかしたらイジメだってなくなるんじゃないかなぁ...

って、話が逸れましたが。

とにかく、治安がいいと言われる日本だって危険がいっぱいあるってことです。

確率としては低いのかもしれないけど、確率じゃなくて、1人も危ない目に遭わないようにするには、もっと大人が見てあげられる社会にしないといけないと思います。

 

日本に住む方はどう思いますか?

 

安全神話崩壊のパラドックス―治安の法社会学

安全神話崩壊のパラドックス―治安の法社会学

 

 

 


にほんブログ村