読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしくて楽しい駐在生活

アラサー子持ち主婦の香港駐妻生活。おいしいもの大好き、楽しく毎日過ごしたい。シンプルに暮らすために日々奮闘中です。

娘 4歳4ヶ月の様子

クリスマスからお正月にかけて長期休みがありました。(3日からスタートしましたが)

娘は朝から夕方までの幼稚園に通っているので、夏休みぶりにがっつりどっぷり一緒に過ごしたのですが、「え。こんなに言うこと聞かないんだっけ(°_°)?」っていうのが第一印象。

 

広告

 

 

夏休み中に4歳になった娘は、話も通じるし、意見を交わせたりして、あぁまた一段階ラクになったなぁと思っていました。一緒に買い物行ってもゴハンを外で2人で食べても楽しく過ごせてたんですよ。

それが、たった4ヶ月でこんな変貌を遂げるとは!

 

これは変化(成長?)していく過程だろうと思い、記録しておくことにします。

 

話しを聞いてないような素振り

 

絶対聞こえてるはずなのに、自分の興味ないこと、都合の悪いことは完全にシャットアウト。

テレビを見ている時とか集中している時は、本当に聞こえていないのかもしれないけど、実際のところわかりませんψ(`∇´)ψ

 

返事は常に「ヤダ」

 

なんなんですか、これ。

私の問いかけにかぶせるように言ってきます。

 

「ゴハン食べてからお菓子食べようよ」

「ヤダ」

 

「お風呂はいっちゃお..うよ」

「ヤダ」

 

「ゴハンの支度しちゃうからちょっと待ってて..」

「ヤダ」

 

(*`へ´*)

 

泣きそうな声でぐずりながらしゃべる

 

ぐずぐず言っているのを聞くのが好きな人なんていないと思いますが、私は大っ嫌いなんです。

ぐずぐずキーキー泣きそうな声で騒がれるのが。

 

「やーだーだって今食べたいんだもんーねーえー!今ー!」

みたいな感じw

あれ、周りで聞いてる人達みんなを不快な気持ちにさせますよね。

普通に言いなさい!って言ってます。

 

注)赤ちゃんの泣き声なんかはたいして気になりません。

 

ダメっていうことをやる

 

これは以前、モンテッソーリ教育の本を読んだ時に、子供にとって必要なことだからやらせてあげる。と決めたはずが、まただんだんと厳しくなってしまったのもあるんです。

 

 【本】 ママ、ひとりでするのを手伝ってね!ーモンテッソーリの幼児教育ー - おいしくて楽しい駐在生活

 

が、しかし!

なんていうのか、わざとっぽいんですよね(u_u)

 

鉛筆でテーブルに落書きし始めたので、紙に書いてよーとやんわり言ったら、無言でもっとぐちゃぐちゃ濃く書いたり。

これは反抗しているよね、絶対。

我が家では、3回言っても聞かなかったら鬼が迎えに来ることになっているので、この時も、2回言って、最後に「次3回目だからね(`_´)わかってる?」と言うと、パパパーッとやめるんです。

 

以前(4歳になりたて)は、ダメだとわかってはいるけど、ついやっちゃう。でも注意されればやめる。って流れだったんですけど、変わりました。。

 

あとは、モジモジする。(特に大人に話しかけられた時)

これはありがちですかね〜。

 

できるようになったこと

できることも増えました。

娘の場合、

 

シャワーを頭からかけられるようになった。

アルファベット大文字と数字をかけるようになった。

自分でうんちもふける。

〇〇だからこうする。というモノゴトの理解が深まった。(でも実行できるかは別問題)

 

などなど。

 

広告 

 

 最後に

 

娘4歳4ヶ月の様子を思いつくままに挙げてみました。マイナス面が目立ちますが、自分が書いた過去記事(【本】 ママ、ひとりでするのを手伝ってね!ーモンテッソーリの幼児教育ー - おいしくて楽しい駐在生活)を読み直して、ハッとさせられました^^;

マイナス面というのも、「私にとって」マイナスなだけだった..と。

 

子供って日々成長していて、後退していくことなんてないんですよね。

もっと常に余裕を持って子育てできるようになりたいなぁ。

余裕がない時って、自分で予定を詰め込みすぎたり、体調を崩したりしたときなので、改善はできますね..少し忙しくなったくらいで風邪ひくような体じゃダメってことです(u_u)

と、言いながら、年明けに夫が引いた風邪をもらってしまいました。

まずは風邪も引かない健康な体作りですかね〜。

 

ではおやすみなさい☆

 


にほんブログ村