おいしくて楽しい駐在生活

アラサー子持ち主婦の香港駐妻生活。おいしいもの大好き、楽しく毎日過ごしたい。シンプルに暮らすために日々奮闘中です。

JSAアイシングクッキー認定講師講座5回目 感想

技法を学ぶという意味では最後の回です。

5回目はシュガーペーストといって、お砂糖でできた粘土のようなものを使って、クッキーを飾ります。

香港でもよく見かけますが、プリンセスのケーキとかキャラ物のケーキなんかによく使われていますよね。

こんなやつ…

キャラものはもっと色んな濃い色で作られていますけどね。

f:id:maruhk:20170127100556j:plain

写真は、香港 Arome bakeryよりお借りしました。ウェディングケーキです。

 

広告

 

 

 

さて、内容はと言いますと、

 

~シュガーペーストを極める~

 

(シュガーペースト)

ティファニーブルーの着色方法

シュガーペーストの型抜き

立体フリル2種(スタイリッシュフリル・エレガントフリル)の作成

リボンの作成法

キルティング模様の型押し

テクスチャーマットの使用法

アートスティックやナイフの使用法

シュガー用マットのオリジナル作成法

クッキーへの美しい貼り付け方

 

(より高度なアイシング)

ブラッシュエンブロイダリー(刺繍風アイシング)

ジグザグ絞り

 

文字だけではわかりにくいので、私の作品ですー。

 

f:id:maruhk:20170127104313j:image 

広告

 

 

 

もうクッキーじゃない。

そして、食べにくい…食べられなかった。ケーキならシュガーペーストの割合が少なく済むので、あまり気になりませんが、クッキーだとシュガーペースト1、クッキー1みたいになってしまうので、あくまで技法の練習のため、かな?

 

シュガーペーストに色を付けたり、テクスチャーマットというプラスチックの板を使って模様を付けたり、本当に食べられる粘土で遊んでいる感じ。多少べたべたはしますが、とっても楽しい。

これはやり直しもきくので、いつまでもやっていたいくらい。

 

これで一通りの技法は学んだので、次はいよいよ卒業制作兼卒業試験となります。

私の場合は、週二回くらいで予定を組んでもらって講座を受けたので、4回目くらい(1週間前のレッスン)から、どんなデザインの卒業制作を作ろうかなぁとなんとなくですが考えていました。

 

というわけで、次回は最後の回ですー。

長かった…なんか書く意味あるのかなと途中思ったりしたのですが、書き始めてしまった以上全部書こうと思いますw

では!


にほんブログ村