読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしくて楽しい駐在生活

アラサー子持ち主婦の香港駐妻生活。おいしいもの大好き、楽しく毎日過ごしたい。シンプルに暮らすために日々奮闘中です。

宇津木式肌断食なるものをやってみる

こんばんは。

 

2、3ヶ月前から顔がかゆいのが続いています。

ファンデーションが合わないのかと思ったけれど、塗ってない時にも痒みは消えないし、乾燥かな~と思って化粧水やらなんやらをマメにしたりしたけれど改善されませんでした。

そんな時目に入ってきたのが宇津木式肌断食の本!

たまたまFacebookの売ります買いますグループで、売りに出ていたので買うことにしたのです。

 

広告

 

 

宇津木式肌断食ってなんなの?

私が手にした本は、

  

 

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法

 
化粧品を使わず美肌になる!

化粧品を使わず美肌になる!

 

 

この2冊です。

両方とも大体同じというか、おすすめしている方法は一つなので読むならどちらか1冊でいいかなと思います。「化粧品を使わず美肌になる!」の方が絵が多くてわかりやすく説明されている気がしました。

 

簡潔に言いますと、

化粧水や乳液、日焼け止めなどなーんにも使わない。

洗顔はぬるま水(ぬるま湯じゃなくてね)で優しくするだけでOK。

 

これだけ。

どうしてその方法に行きついたのか。詳しい方法については、宇津木先生の本を読んでみてください。

 

肌の老化を日々感じるギリアラサー

 

顔が痒いな~と思い始めてから、よくよく自分の顔を見てみるとおでこや頬の辺りが赤い。毛穴が目立つとか角栓が…っていうのはいつも感じていたけど、赤みは今までなかったはずなのです。

老化の一つならば仕方のないことだけど、痒みはイヤだな。

 

私は普段たいしてメイクもしていないし、すっぴんでも出かけてるのですが、最近は赤みが気になって、下地が手放せない状態。でも塗ると痒いし…と、葛藤していました。

宇津木先生の本を読んで、痒いのに塗っているこの状態は異常だなと気づくことができました。

化粧品でいくら隠しても、素肌はキレイにならないですよね。

 

私の現状

おでこや頬に痒みあり、赤みも

化粧水などのスキンケアはしたりしなかったり...

メイクをしたときはクリームタイプのメイク落としで洗顔

朝時間がない時はすっぴんで外出(日焼け止めなし)

 

したりしなかったりですが、メイク落とし、洗顔、化粧水、乳液などを毎日やるのが面倒というのもあって、この際きっぱりやめてみようと思います!

幸い、香港は日本に比べたら、冬でも湿度が高いので粉をふいたように白く乾燥してしまうとか、そういうことはありません。

 

宇津木式で気になる点をと解決方法

 

いくら素肌がキレイになったとしても、やっぱり365日ノーメイクはなぁ。

メイクも楽しみたいな。

 

⇒ アイメイクだけはいままで通り。といってもマスカラもアイラインも引かない私なので、アイシャドーだけです。(濡らした綿棒で優しくとる)

たぶん自己満足のためだけですね、このメイクは。他人から見たら顔変わってないかもw

 

日焼けが気になるけど本当にいいのかな。

 

⇒ これは15分以下の外出ならば日焼け止めは塗らない方がいいと書かれています。日焼けの害よりも日焼け止めクリームの害の方が大きいそう。

まぁもともとあまりこまめに塗る方ではないので、日傘などでカバーします。

 

健康的な肌とはサラサラとした肌のこと。だそうで、それはみんなが目指している肌なのか?

 

⇒これ。大前提だと思うのですが、宇津木先生は本の途中に書いています(;´∀`)

私の思い描くきれいな肌とは、しっとりもっちり、ぷるぷるで(言い過ぎ)触りたくなるようなもち肌。

でも、先生のいう健康的な肌とはどうも違いそうです!がーん。

「健康な肌とは本来、ももの表面のようにマットな質感」だって。よくわかりません。

ももって産毛いっぱい生えてるし、想像つかない(´・ω・`)

 

でもとにかく痒みはあるので、痒み改善のためにも始めます。

 

広告

 

 

最後に

 

さて、今日もすでに一日すっぴんで過ごしましたが、水洗顔後もとくにつっぱることなく順調です。

痒みは相変わらず、自分の髪の毛が顔にかかっても痒くなってしまいます。

 

ネットで宇津木式肌断食実践ブログなどを読み漁ったのですが、だいたい現状維持って感じでした。化粧品使っても使わなくても同じなら、時間をお金の節約にもなるし、断食した方がいいな~っていう人が何人かいました。

私もそんな感じになりそうだなぁと思いつつ、経過はまた報告します!

 


にほんブログ村