読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしくて楽しい駐在生活

アラサー子持ち主婦の香港駐妻生活。おいしいもの大好き、楽しく毎日過ごしたい。シンプルに暮らすために日々奮闘中です。

ちびまる子ちゃんは娘に見せたくないなーと思った。

どうも。

先日、YouTubeで娘にちびまる子ちゃんを見せていました。

ちびまる子ちゃんって、香港では映画もやっていたし、人気があるんだと思います。

ちなみに広東語(?)で「櫻桃小丸子」です。そのまま。

 

たまたまMSNニュースでこんな記事を見て、とってもタイムリーだなと思ったので書くことにしました。

www.msn.com

 

 

広告

 

 

大好きなアニメだったけど…

 

私自身、物心ついた時から毎週日曜日には欠かさず見ていました。

漫画本も買って読んだりしていたし、大好きでした。

大人になってからもアニメの時間帯に家にいたら見ていたし、子憎たらしいまる子がおもしろくて楽しんでいたのですが、先日娘と一緒に見たら、印象がガラリと変わってしまったのです...。

 

疲れた、めんどくさい…が多い

これは一番気になったところ。

私が見たのはドラマの実写版まるちゃんで、クラスでの係り決めのお話でした。途中で見るのをやめてしまったのであやふやなのですが、教室に生き物もいないし、楽そうだから生き物係りに立候補するっていうストーリーでした。

実際生き物係になったら、超大変だったっていうお話なのかもしれませんが、めんどくさーいっていうセリフが気になって仕方なかったです。娘には覚えてほしくない。

 

男子、女子の線引きが気になる

みんな仲良しなんでしょうけど、あっちいってよ男子ー!みたいな?

そういう感じがなんとなく...私の理想とは違いました。

 

大人への甘え方とか

最初に載せたMSNニュースの記事にもありましたが、親がだめならおじいちゃん!みたいなことって、私もそうでした。お母さんに買ってもらえなさそうなものは、おじいちゃんにねだっていたし、共感はできるんですけど、娘に見せたいかというと、見せたくない。

 

日本の小学生を知るにはいいのかな。

 

娘は生まれも育ちも香港で、日本人だけの学校に通ったことがありません。小学校もインターで考えているので、日本の小学校ってこんな感じというのを知るには、うってつけのアニメともいえます。

今の小3がどんな感じなのかわからないのですが、少なくとも私の小3時代は、本当にこんな感じだったと思います。だから娘にも見せたいなーと思って久しぶりに私も一緒に見てみたら気になることがたくさんだったというわけです。

 

娘がもっと大きくなって中学生くらいになったら見てほしいなとは思います。

 

広告

 

 

最後に

 

私が一人で見てる分には、全然いいんです。昔の自分を思い出したりできるし、面白い。子供のずるがしこいところやピュアさが本当にうまく描かれているなぁと思います。でも、子供と一緒に見るとなると、こんなにも自分自身の気持ちが変わってしまうことに驚きました(;´∀`)

幸い娘は、ちびまるこちゃんをまぁまぁ気に入っているというぐらい。

ハマってはいません。このまま見せなければ過ぎていきそうなので、それを狙って話題には出さずに行こうと思います。

 


にほんブログ村

 

 

16巻しかでてないことに驚き!

娘に見せたくないとか書きましたが、とってもいいお話もありますよね。

感動的な。もう一回全部読んでみたくなっちゃいました。古本屋さんに探しに行こうかな...