おいしくて楽しい駐在生活

アラサー子持ち主婦の香港駐妻生活。おいしいもの大好き、楽しく毎日過ごしたい。シンプルに暮らすために日々奮闘中です。

香港帰ってきました&引っ越しました!

もう色々ありすぎて間に合っていませんが、タイトル通り、約3週間の日本での夏休み(?)を終え、香港に帰ってまいりました。

 

そして、帰った2日後に引っ越しというハードスケジュールをこなしたところです...

今まで住んでいた部屋は今週末に引き渡すので、新しいところと行ったり来たりしています。

 

ローカル引っ越し屋が好き♡

 

香港には、日通とかの引っ越し屋さんもありますが、是非一度ローカル引っ越し屋にお願いしてみて欲しい!(丁寧さは求めてはいけません)

 

速い、安いを求めるならばオススメ。

 

どうしてそんなにローカル引っ越し屋が好きなのかというと、男たちの祭り!って感じで楽しいんですよね。

 

f:id:maruhk:20170809215847j:image

 

うちに来た業者の人は、全部で3人だけ。

2人は上半身裸。

11時スタートって言ってたのに10時に来るし、土足だし、ワレモノマークとか絶対見てないんだけど、詰めきれてない荷物も、どんどんどんどんダンボールに入れて、ラップでぐるぐる巻きにして運んで行きます。

 

引っ越し先までは、車で30分ほど。

それも含めて、引っ越しは2時間で終了しましたよ。

嵐のように来て、そして去って行きました。

 

f:id:maruhk:20170809221003j:image

汗だくの男たちwタバコも窓からポイ捨て!(イヤ、ダメなんですけどね)

とにかく荒々しい、ワイルドな感じ。声もデカイ。娘に優しい。

 

引っ越し料金は、4000ドルでした。

ちなみに日通での見積もりでは6000ドルくらいだったようなので、丁寧さとか日本語が通じるとか、そういったことを考えると、日系の業者も高すぎるわけではないと思います。

 

というわけで、なんか元気が出ました。

もちろん、新居にも土足ですので気になる方はやめておいた方がいいかと...

 

子育てをガッツリした場所

 

今まで住んでいた街は、妊娠から出産、子育てをガッツリした場所。

幼稚園も近所のところに行っていたので、日本人の友達はもちろん、幼稚園の顔見知りなど、なんだかんだ知ってる人がたーくさんいました。

出かけたら必ず誰かには会うような感じ。

 

そんな環境が良くもあり、ちょっとめんどうと感じる時もあったのですが、いざ離れるとなると、やっぱりさみしいものですね。名残惜しいというか。

 

日本人のお友達は、連絡を取りさえすれば会えるし、いいのですが、幼稚園の顔見知り程度の知り合いなんかは、娘にとったら、もう2度と会わない・忘れちゃうんだろうと思うとさみしいなぁ。

こうやって出会いと別れを繰り返していくんだろうけどね。

 

と、ちょっとセンチメンタルな気持ちになってしまっていますが、新居は広いし新しいし。

ワクワクもしてます(^^)/ 良い出会いがありますように☆

 

 引っ越しが落ち着いたら、ブログ作りも本腰を入れて頑張ります!